プロフィール

 

「自由がほしい・・・。」

きっかけはここからでした。

 

 

どうも初めまして。
「ふじお」と申します。

僕のブログを見てくださって、ありがとうございます。

このブログはまだ作り始めたばかりですので
まだまだコンテンツの量はゴミクズ並ですが、
これからそこらの低レベルなブログとは一線を画する、
超ハイクオリティな記事を更新していくので
是非楽しみにしていてください。

 

 

現在僕は22歳の現役大学生をやりながら、
パソコン1台を使って生計を立てています。

 

以前は時給780円のとあるブラック企業で
来る日も来る日も馬車馬のように働き、
社畜生活をしておりましたが
現在は独立してネットビジネスの収益のみで生活しています。

中国輸入転売では開始から9ヶ月で月商300万円を達成、
月収で言えば、現在は輸入転売を軸に100万円を突破しております。

 

就職する気も、する必要もないので、
就職活動は完全に放棄しました。笑

 

ちなみに僕の活動範囲は、

・中国輸入転売
・FX
・コンサルティング少々

という感じです。

 

 

僕は元々「自由」がほしくてネットビジネスを始めたので
収入だけでなく時間も大切にしたいと考えています。

そのため収益の流れをある程度自動化させており、
1日の作業時間と言えば2~3時間程度ですね。

もちろん全く作業しない日もよくあります。

さらには誰か人を雇っているだとか、
人と組んだりしているわけでもなく、
完全に1人で、自宅から一歩も出ることなく稼いでおります。

6105 300x203 プロフィール

 

よく、月収○○円だ!と自慢げに話しているネット起業家を見ますが、
その多くは1日に何時間もPCのモニターとにらめっこ、
背中を丸めて作業に没頭し、命を削っている人がほとんどです。

しかも、自分1人で稼いだわけでもなく、
誰かと手を組んで稼いだだけっていうパターンが99%です。

 

それではなんの意味もないと僕は考えています。
そもそも、いくら莫大な収入を得られようが、それを使う時間、
つまり自由な時間がなければ幸せな人生は歩めませんからね。

例えば3億円あっても寿命が残り1ヶ月じゃ意味ないですよね?笑

人間いつ死ぬか分かりませんし、
1度しかない人生の限りある時間を
自分のやりたいように自由に過ごすことが
何より大事なことだと思っています。

 

また、自分1人で稼げないようでは
一生独立なんてできませんし、
誰かに依存している状態では
いつ収入が途絶えるか分かりませんからね。

 

 

さて、それではそろそろ自己紹介の本題に。
僕が経験した辛い過去をさかのぼり、
ネットビジネスを始めようと思った動機や、僕の人間性などを
ここからお話したいと思います。

あなたの稼ぎのヒントが必ず見つかると思うので、
是非最後まで読んで頂きたいです。

 

365日が夏休み

 

プロフィール
 
名前: ふじお
 
年齢: 22歳
 
職業: 大学生、兼ニート(笑)
 
出身地: 静岡県
 
趣味: ゲーム、映画・YouTube鑑賞、ドライブ
 
最近ハマっていること: サーフィン、スノボ、ボウリング、ダーツ、ギター、フットサル
 
好きなミュージシャン: BUMP OF CHICKEN

好きなスポーツ: バスケ、サッカー、フットサル、スノボ

 

 

現在大学4回生ですが、
単位もほぼすべて取得している状態にあるため、
周りが必死に就職活動に励んでいる中、
僕だけ自由奔放に、ニートのような生活を送っています。

 

「就活どう?決まった?」
と黒髪短髪にスーツ姿の友人に校内で聞かれる度に、
「俺は就職しない。ニートになる(笑)」
と適当に返しています。

 

目覚まし時計に叩き起こされる生活とは無縁で、
好きな時間に寝て、好きな時間に起きる毎日。

平日の昼13時に 「よく寝たわぁ!」
という爽快感と共にベッドから体を起こし、3秒で職場に到着。

コーヒーを飲みながら、カタカタとキーボードをタイプし、
マウスをカチカチと押し込み、
作業が終わればあとは自由時間です。

a0990 001170 m 300x201 プロフィール

 

1年中、何かに縛られるということはなく、まるで365日が夏休み。

そんな感覚ですね。

 

基本的にはインドアなことを好みますが、
僕は多趣味で色々なことに手を出すので
アウトドアでも大歓迎です。

 

ゲームに何時間も没頭したり、YouTubeでお笑いを見たり。
かと思えばバスケをしたり、海に遊びに行ったり。
冬にはスノーボードへ行きまくっています。

 

中学~高校ではバスケ部に入っていたため、
バスケにも自信がありますし、
スポーツ全般、体を動かすことも大好きです。

 

そして音楽も大好きですので、
カラオケにもよく行きますし、最近はギターを練習中です。
ギブソンの高いギターを買ったくせに、未だに全く弾けませんが(笑)

好きなミュージシャンはBUMP OF CHICKENで、
僕が小学5年生のころから大好きで、
ファン歴は軽く10年を越しますね。

ライブにも何度も足を運んでいます。

 

2 300x207 プロフィール

 

今でこそめちゃくちゃ有名なアーティストですが、
僕がファンになった当初は、
「BUMPって何?食べ物?」って言う人ばかりでしたよ。

そんな頃からファンを続けているため、
BUMPのことならすべて知っているつもりです。

 

最近では地上波も解禁してしまうほどの露出っぷりで、
昔からのBUMPファンなら共感してもらえると思いますが、
BUMPが有名になるにつれて、僕はどんどん悲しくなります。笑

 

ライブのチケットも日が経つにつれて取りづらくなっているので、
チケットが余っている際にはふじおへ連絡をください。笑

 

お金がない

 

僕は今でこそ、生活するには困らないほどの
ある程度の収入を得ることができていますが、
実は昔は全くもってその逆でした。

 

元々、僕の実家は決して裕福なほうではなく
僕が小さいときからお金がかかることに関しては
色々と不自由な思いをしてきました。

たとえ欲しいおもちゃやゲームがあったとしても
決して買ってもらえるはずもなく、
我慢をするのが当然のことでした。

 

周りの友達は親に買ってもらったゲームやカードで楽しそうに遊んでいましたが
僕はその光景をただ指をくわえて眺めることしかできなかったのです。

サッカーが好きだったのでサッカークラブに入りたかったけど、
それもお金がかかるからという理由で親に断られてしまいました。

 

お菓子が大好きだったけど、それもろくに買えやしません。
友達の1人に、親が医者でかなり金持ちのやつがいたんですが、
そいつの家に遊びにいくと、毎回親が大量のお菓子を出してくれて、
「この家は神か!!」って心底思っていました。笑

 

中学生にもなると、周りはどんどんケータイ電話を持ち始めていましたが
もちろん僕にはそんな高価なものを与えられるわけもありません。

「周りは周り。うちはうち。
だいたいその歳でケータイなんて贅沢言うな。」

親にねだってもそう言われて却下されます。

ケータイを持っていないがために、
友人関係がぎくしゃくしたことも多々あります。

周りがとにかく羨ましかったし、
「金さえあれば・・・」といつも思っていました。

199 300x210 プロフィール

 

そんな思いから、高校生になると同時に
お金を稼ぐために即行でアルバイトを始めます。

僕の高校はアルバイト禁止の学校でしたが、
そんなの知ったことではありません。

高校の学費はのちに親に返済しなければなりませんし、
とにかくお金を稼ぐ必要がありましたから。

 

100円回転すしのキッチンで
ひたすらシャリの上にネタを乗っけていましたが、
やはり高校生はあまり時間に余裕もないので
頑張っても月に5万円ほど稼げれば関の山です。

「もっと時間あればシフトたくさん入れたいのにな・・・」
と日ごろから思っていました。

 

 

そんな中、大学に進学した先輩から
大学生活について色々と聞いたところ。

「サークルが楽しいよー」
「とにかく時間が余って暇だよー」
「バイトなんて毎日できるよ?」

と、ひたすらに目を輝かせていました。

とにかく自由で華やか、楽しそうなイメージを持ちましたし
何より、「時間があるからバイトがたくさん出来る」
ということに大きなメリットを感じたので
その頃から僕は「大学生なりてぇー!!」と思うようになりました。

今思うとアホですね。
進学に対しての着眼点が「バイトがたくさん出来る」
とかワケ分かりませんから。笑

 

元々は、高校卒業後は就職を考えていました。
だって、大学なんて行ったら学費で数百万円も持ってかれるし
そんなの考えただけで背筋が凍る思いでしたから。

しかし高校自体もこの就職難から進学を推奨していましたし
奨学金制度もあったため、
僕はその頃から進学を考えるようになったのです。

 

ただ、高校の学費と大学の学費、
そして我が家では高校卒業後は家にお金を入れるのがルールなので
とにかくバイトを頑張る覚悟をしての決断でした。

 

ブラック企業でひどい目に遭う

 

そして晴れて大学生に。

 

すぐに新しいバイト先を探し、とある居酒屋で働くことが決まりました。

3 300x225 プロフィール

 

大学生になると、深夜NGの縛りが解けるのでガッツリ働けますし
深夜割増で時給がアップすることを目当てに、
軽い気持ちで居酒屋を選んだのです。

ただ、僕の地元は田舎ということもあり
その居酒屋は基本時給780円というゴミみたいな時給でした。

でも深夜手当てがあるからと、そこは目を瞑りました。

 

高校と大学の学費、生活費、そして家に毎月入れるお金のために
とにかく稼がなければなりません。

誰も助けてはくれませんし、稼がなければ自分が死ぬだけ。

とにかく切羽詰った状態でしたね。

 

 

幸い(?)、その居酒屋は人員不足だったので
シフトはスカスカに空いており、
自分の好きなだけシフトを入れることができました。

もう大学のことなんて一切考えてなかったですし、
馬鹿の一つ覚えみたいにシフトをバンバン入れました。

ひどいときは、フルタイム(オープンから閉めまで)
を8日間連続で入れたこともあります。

まるでそこの正社員かの如く、働きまくりました。

 

それでも僕は「稼げればいい、何でもいい・・・」と、
何とか耐え忍んでいました。

 

「いらっしゃいませこんばんは!!」
「ありがとうございました!!」
「はい、お客様~!!」
「お会計、○○円でございます」
「申し訳ございません・・・。」

日付が変わっても、何時間も囚人のように拘束され、
決められた服を纏い、
酔っ払った客に喉が枯れるほど何度も同じセリフを吐く。

タチの悪い客の理不尽なクレームに頭を下げる。

 

大量のドリンクオーダーに失神しそうになりながらも、
決められた量の酒を、決められたグラスに注ぎ、
それを何十杯、何百杯、何千杯とロボットのように繰り返す。

グラスを割ってしまっても、それを片付ける余裕さえありません。

氷を素手で触るため手を切ることは日常茶飯事、
グラスを洗う洗剤が追い討ちをかけ、
もう手は砂漠のようにカサカサボロボロ。

 

大量オーダーによる遅延から客にクレームをもらった店長が
顔をリンゴのように真っ赤にして頭から湯気を出しながら
僕に向かって暴言を吐きます。

 

人員不足で余裕がないために、休憩ももらえません。
労働基準法、完全に無視してますから。笑

腹が減って喉が渇いて、
ぶっ倒れそうになったことは何度もあります。

とにかく、ぼろ雑巾のように扱われていました。
そんな地獄のような生活が終わりなく、毎日続きました。

 

028 300x210 プロフィール

 

ストレスと疲労から、謎の蕁麻疹が体中にできたこともありますし、
毎日、胃がキリキリしながらバイト先に向かっていました。

家で眠っているときも、
大量のオーダーと戦っている夢をしょっちゅう見ます。

 

さすがにシフトを減らそうとも考えましたが、
最初の面接時に「いつでも365日入れます!!」と
ドヤ顔で言ってしまいましたし、
人員も足りないので今さら無理です。

 

 

何度もこの生活から逃げたいと思いました。

何度も「自由がほしい」と感じるようになりました。

 

このまま一切の自由がなく、
ただお金のために人生を労働に捧げることを考えると
頭がどうにかなりそうで、吐きそうになりました。

猛烈な恐怖を感じるようになりました。

 

しかし僕にはお金を稼ぐ他に道はなかったので
甘いことは言っていられません。

友達と遊ぶ時間も、恋愛をする時間も、
娯楽に使う時間も、すべてを犠牲にして
ただひたすらに、馬車馬のように働きました。

 

「働いた分お金がたくさんもらえるから頑張ろう」と、
それだけを励みにひたすら頑張りました。

 

 

が。

 

これはだいぶ後に分かったことですが、
なんと、実労働に対して本来支払われるべき給料が
「ピンハネ」されていたのです。

毎月支払われる給料が、それは実労働分ではなく、
そこからかなりボッタクられて支払われていたというわけです。

 

確かに毎月受け取る給料がやけに少ないと感じたことはありますが
毎日タイムカードをしっかりと切っていましたし、
さすがに気のせいだと思っていました。

この会社の給与明細には金額だけしか載っていないので
実労働時間が分からず不透明になっており、
ボッタクられていたことに僕は気付きませんでした。

 

僕より後に入ったバイトの子が自分でしっかりと計算したところ、
明らかに計算が合わなかったらしく、それが原因で発覚しました。

なんでも、労働基準法を違反していることが上にバレてしまうから
実際の労働時間から大幅に引いた時間で申告していたとのこと。

 

つまり僕は、
「ひたすら無給のサービス労働をしていた」
というわけです。

一般企業の正社員によくある話ですね。

 

今までボッタクった分を支払うこともできないとのこと。

 

「なんだそれ・・・。」

膝から崩れ落ちる思いでした。

020 300x210 プロフィール

 

お金のためにひたすら頑張っていたのに、
この仕打ちはさすがに堪えましたよ。

ひたすら徒労感に暮れていました。

 

就職することに疑問を抱く

 

給料ピンハネの件について、
仲の良かった1人の社員さんに相談しました。

すると、とんでもない答えが返ってきたのです。

 

「まあ気持ちは分かるけど、それは社会に出たら当然のことだよ」

と。

 

確かに「サービス残業」という言葉はよく聞くけど、
それでも僕は納得いきませんでした。

 

 

続けてその社員さんは、
現在の状況について愚痴をこぼし始めます。

 

  • サービス残業100時間以上
  • 休日出勤は当たり前、実質休みがほぼない
  • しょっちゅう異動させられる
  • 課長がうぜぇ!!
  • 何のために生きているか分からない
  • 月収18万円
  • 毎日疲れを取るのに必死
  • 夢を諦めた
  • 仕事ばっかりで彼女にも振られた
  • まあこれが社会人になるってことよ!

とのことです。

 

まあ彼らの状況は何となく分かってはいましたが。

日ごろから店長や社員を見ていると、
いつ死んでもおかしくないほど毎日疲れきった顔をしていましたし、
休憩室では少し目を離すと、いつの間にか目を瞑って
泥のように眠っていましたから。

まさに「社畜」といった感じでした。

 

ただ、就職して正社員として働くことが
そこまでひどいものだとはさすがに思いませんでした。

 

そのときの僕の気持ちを一言で表わすのなら、

「ありえねぇ」 

です。

 

4 プロフィール

 

「自分も数年後には新入社員としてどこかへ就職し、
同じような生活をするのか・・・」 と。

 

もちろん、もっと環境の良い職場はいくらでもあったんでしょうが、
彼は社会人の先輩として僕に言ってくれたわけで、
そんな先輩の説得力ある言葉を、
社会のことを何も知らない僕は鵜呑みしてそう思ったのです。

 

このまま大学卒業までの数年間をここで耐え抜いたとしても、
大学卒業後にはまた今と同じ生活が待っている。

ただ場所が変わって、上司の顔が変わるだけで
結局こんな生活を死ぬまで続けることになるわけです。

 

来る日も来る日も、狭い空間に囚人のように拘束され、
会社に言われるがままに働き、満足のいくお金ももらえず
夢も希望も持たぬまま歳をとっていくことを考えると
恐怖で顔が拒食症のように真っ青になりました。

073 300x210 プロフィール

 

「たった1度しかない人生なのに・・・。」

 

この頃から僕は、社会に出て雇われることに
大きな疑問を抱くようになったのです。

 

 

なぜ大人たちは当たり前のように就職して働いているのか
僕にはさっぱり理解できなくなりました。

 

しかし、だからといってどうにか出来るわけもなく、
次の日も胃を痛めながらバイト先に向かいます。

 

「嫌だ・・・。怖い・・・。
このまま年老いて死んでいくなんていやだ・・・。」

 

「自由になりたい・・・。」

 

そんな思いは日に日に増して行きますが、
どうすることもできません。

 

ネットビジネスに出会う

 

そんなある日、ついに人生の転機となる日がやってきました。

 

 

休日に家でネットサーフィンをしていると、
幸運にも知ることができたのです。

このネットビジネスという世界を。

 

もうほんと、背筋に衝撃が走りましたし、
めちゃくちゃ興奮したのを覚えています。

 

なんせ、このとき僕が求めていたものを
100%叶えてくれるものだったので

「まさにこれだ!!!」
「これしかねぇ!!」

と、目を見開いて興奮しました。

 

  • 初期費用がほぼいらない
  • 年齢制限なし
  • 資格がいらない
  • 場所を選ばない
  • 誰でも今すぐ始められる
  • 自動化ができる
  • 収入に限界がない

 

などなど、詳しく調べるごとに、
実に理にかなった稼ぎ方だと思いましたし、さらには

 

  • 精神的自由
  • 経済的自由
  • 金銭的自由
  • 場所的自由

 

という、僕が求める理想の人生を実現できると確信しました。

 

今まで我慢していた欲求が、ついに爆発したのでしょう。

 

僕はいてもたってもいられなくなりました。
とにかく行動に移したくてたまらなくなりました。

105 300x210 プロフィール

 

その行動力は、絶対的な収入源である
アルバイトを辞めてしまうほどにまで至りました。

 

元々給料ピンハネの件でそこのバイト先には嫌気が差していて
早いとこそこは辞めようと考えていたので
それはちょうどよかったのです。

収入がなくなるのは僕にとっては大ピンチなことですが、
毎日休む間もなく働いていたので、
わずかながらも一応貯金はありました。

 

そのわずかな貯金を頼りに、
早速ネットビジネスにのめり込むことにしたのです。

 

大きな挫折を味わう

 

一番最初に取り組んだビジネスモデルは、
サイト・ブログ・メルマガなどを使ったアフィリエイトです。

情報商材や物販のアフィリエイト、
あとはクリック型報酬の広告アフィリエイトなどです。

 

とにかく簡単に稼げると思い込んでいたので、
(エセネット起業家に洗脳されたため)
「3ヶ月で月収100万円♪」とかアホなことを言って
日々の作業に取り組んでいました。

 

アフィリエイトに関する情報商材を買い漁り、
その通りに作業をこなしていきました。

 

大富豪になる自分を想像しながら、
ひたすら作業、作業、作業・・・・。

 

2013 06 02 154025 300x189 プロフィール

 

  • ブログを200記事以上作成
  • レビューサイトを8個作成
  • ステップメールを40通作成
  • セールスレターを3個作成
  • ツイッターアカウントを5個作成

 

 

 

ところが。

 

 

「あ、あれ・・・」
「報酬0円・・・・だと・・・・?」

 

いくらコンテンツを作っても、アフィリエイトしても、
売上速報のメールは1通も届かず・・・。

 

 

何をしても、全く報酬が発生しない・・・。

 

 

8ヶ月ほど無収入の中アフィリエイトを続けましたが、
結局稼げたのはまぐれで1個売れたダイエットサプリメントの報酬のみ。

報酬額、なんと1800円・・・。

 

その後は、「1日5分の片手間楽々~」系の
様々なアフィリエイトのノウハウに手を出してみるものの、
全く稼げずに典型的な”ノウハウコレクター”となってしまいました。

 

気づいたときには、バイトで必死に貯めた貯金も底を尽きそうで、
よろよろになりながら外に出てみると、季節が1周していました。

 

IMG 3269 300x200 プロフィール

 

「莫大な時間を無駄にした・・・」
「貯金が・・・。俺の金が・・・。」

膝から崩れ落ちる思いでした。
本当に悔しく、焦りや不安から頭がおかしくなりそうでした。

 

 

もうPCの電源を付けるのも嫌でしたし、
何度もモニターを叩き割ってやろうかと思いました。

でも勿体無いからできない・・・。
そんな自分にさらに嫌気が差し、まさに悪循環でした。

夜なかなか寝付けずに、
暗闇の中で涙を流したのを覚えています。

 

020 300x210 プロフィール

 

そもそもアフィリエイトは、
何の実績もないネットビジネス初心者には
相当厳しいんですよね。

 

確かにアフィリエイトで大きな金額を稼いでいる人は実際に存在します。
それはアフィリエイターランキングなどを見ればよく分かります。

ただ、そのランキングを見てもう1つ分かるのが、
毎回毎回、そこに名を連ねる人は同じ人たちだということ。
つまり、上と下の格差がもうハンパじゃないってことです。
それはもう、素人がマイクタイソンに喧嘩を売るようなもんです。笑

 

ブログを作ろうと思っても、
もう何年も前からSEO対策を重ねて作りこまれた
強力なブログが山ほど存在するため、
そんなライバル達に打ち勝つのは至難の業です。

 

 

情報商材アフィリエイトなんか特に、
何の実績もない、右も左も分からない初心者が
そもそも何の情報を発信できるのでしょうか?

そんな雑魚から情報を仕入れたい、
モノを教わりたいという
変わった人間はまぁ少ないです。(というかいない)

 

それとも、実績を嘘で塗り固めれば良いのでしょうか。

 

稼いでもいないのに、
「月収50万稼いでいます!」

ダイエットになんの知識もないのに、
「あなたを1ヶ月で3キロ痩せさせます!」

 

それでは被害者を生みお客が不幸になるだけですし、
そんなことはあってはならないことです。

ビジネスは価値と価値を交換し、
お互いが幸せにならなければなりませんから。

 

まあそれをしても稼げていない人が9割なんでしょうが。

現に、アフィリエイターの90%以上は、
月に5000円も稼げていないというデータが出ていますからね。

surver2013b プロフィール

 

 

別に僕は、稼げなかった自分を正当化したいから
こんなことを言っているわけではありません。

 

もちろん、超越したセンスやスキル、相当な運を持っている人は、
いきなりアフィリエイトや情報発信で稼ぐことができると思いますが、
残念ながら僕は普通の人間なので、それがなかったのです。

 

断言できますが、僕のような普通の人間が
いきなりそれらで大金を稼ぐのは無理でしょう。

実際に僕は、僕のようにエセ情報発信者に甘い言葉でホイホイ釣られて、
たくさんのお金と時間を失った人を何人も見てきていますから。

 

最高のビジネスモデルに出会う

 

そして、大きな挫折を味わったわけですが、
それでも僕はネットビジネスが諦められなかったのです。

またあの地獄のような生活を送ることを考えると
胃がキリキリと痛む思いでしたから。

 

 

そこでようやく視点を変えてみようと思い、
他のビジネスモデルに取り組もうと考えました。
(本当は良くないことですが)

 

 

そこで出会ったのが、中国輸入転売です。

転売とはその名の通り、
安く買ったものを高く売るだけ。

 

日本と海外では、同じ商品でも
価格差がある商品が山ほど存在します。
それを仕入れてきて、日本で売る。
非常に単純明快、難しいことはほとんどありません。

特に中国では物価が非常に安いため、
お宝がザクザク眠っています。

初心者でも初月から10万円以上の利益を出すことはザラにありますし、
数あるビジネスモデルの中で最も稼ぎやすい、
とてもシンプルなビジネスモデルです。

 

「これが本当に最後だ。」
「これで無理なら諦めてバイトしよう・・・。」

力なくそう決意しました。

 

しかしその頃には、
家に入れなければならないお金もほとんどなく、
親に頭を下げて事情を説明しました。

143 300x300 プロフィール

「なら出て行け」 と言われてしまいましたが、
「必ず成功して金は返す。だから1回だけ信じてほしい」
と力強く話すと、なんとか6ヶ月間だけ猶予を与えてくれました。

 

学んだことを忠実に守り、とにかく愚直に行動し、
最後の力を振り絞りました。

086 300x210 プロフィール

 

 

・・・・すると、今まで何をやっても稼げなかったはずの僕が、
意外にもあっさりと利益を出すことが出来てしまったのです。

 

初月から10万円の売上を果たし、利益率は30~40%程度。
つまり、利益で言うと3,4万円です。

「あ、あれ・・・?」
「これマジか・・・?」
「どうせマグレだよな・・・?」

 

 

しかし、翌月には20万円の売上。

 

さらにその翌月にはなんと50万円の売上を叩き出しました。

利益で言うと15万円程度です。

 

今まで何をやっても一切稼げなかったはずの僕が、
月収10万円をあっさりと超えてしまったのです。

正直、信じられませんでしたよ。
何かの間違いかと思いました。

 

しかしそんな僕の思いとは裏腹に、
翌月からも売上はうなぎのぼり。

 

満足することなく、そのまま順調に売上を伸ばし続け、
9ヵ月後にはなんと月商300万円を達成することができました。

11039844 1627978540768596 5176920328894108724 n プロフィール

 

 

その後はある程度落ち着いてきたので、
他にもキャッシュポイントを作ろうと考え、
FXのほうにも手を出しました。

もちろん最初から稼げはしませんでしたが、
今ではFXのほうでも安定的に利益を上げております。

また、小規模ながらもこの実績を元に
コンサルティングも少々行っております。

 

まああくまでも、メインは中国輸入転売のほうですが。

 

諦めなければ失敗しない

 

本当によかった。
本当にあのとき諦めずに頑張ってよかった。

本当にそう思います。

 

今では誰にも依存することなく、
自分1人で稼ぐことに相当な自信がありますし、
一生食っていくことに困らないほどの
スキルや知識が身に付きました。

 

あのとき猶予を与えてくれた親には感謝でいっぱいで、
今では毎月、恥ずかしくないほどの金額を
親に仕送りとして渡すことができています。

 

将来に対する不安など一切ありませんし、
本当に真の自由を手に入れることができそうな気がします。

 

 

僕はネットビジネスに出会って、
夢に思い描いていた理想の人生に近づくことができたのです。

 

8 300x168 プロフィール

 

しかし、まだまだ現状には満足せず、
さらに上を目指して頑張っていこうと思います。

 

最後に

 

ネットビジネスという世界を知ることができ、
僕は本当に良かったと思っています。

 

  • たくさんの人たちに感謝されながら
  • 自分の望む金額を稼ぐことができ、
  • さらには時間をフリーにできる

ここまで最高の幸せを実現できる仕事が、他にあるでしょうか?

 

 

「胡散臭い」「俺には才能がないから」などの一言で片付けて、
最高のチャンスをドブに捨ててしまう人を、本当に哀れに思います。

 

新しいことをやれば必ず不安になりますし、
色々な壁にぶつかります。

 

ただネットビジネスに関しては、
充実した様々なノウハウが既に整っていますし、
オフラインのリアルビジネスとは比べ物にならないほどの難易度、
かつ低リスクで始めることができます。

それでいて成功すれば天井知らずのリターンが返ってくるのです。

 

 

もはや、やらない理由がないのではないでしょうか?

 

まずは、やってみる。
とにかく副業でもいいからやってみる。

これが本当に大事だと思います。

 

食わず嫌いほど人生を損することはありませんから。

 

あなたも、少しでも僕に共感できる部分があったのでしたら、
是非1度、ネットビジネスにチャレンジしてみてはどうでしょうか。

僕が分かることなら、いくらでもサポートさせて頂きます。

 

それでは、長くなりましたが、
ここまで読んでいただきありがとうございました。

引き続きブログをお読み頂ければ幸いです。

 

ふじお