アマゾンのカートシステムを理解して利益を拡大させる方法

どうも、ふじおです。

今回はAmazonのカートシステムについて詳しく解説します。

 

Amazonでは1つの商品カタログページに
複数の出品者が同時に商品を出品できるわけですが、
(いわゆる相乗り出品)
お客がそこから商品を購入する際には、
もちろんのことその中の1人の出品者から購入しますよね?

このとき、一体どの出品者から購入されるのかというと、
多くの場合は「カート」を取得している出品者から購入されます。

つまり相乗り出品の場合は、この「カート」を取得できなければ
残念ながら商品が売れることはほぼないということです。

 

そのカートとは一体なんなのか?

 

このAmazon独自のシステムであるカートシステムについて
カートを取得する方法や、誰にも知られていない、ある小ワザを使って
利益を拡大させる方法についてもお教えします。

カートシステムとは?

 

まず、「カートを取得する」という意味について解説します。

 

 

カタログページにアクセスしたお客さんが
その商品を購入するときというのは、
ほとんどの場合は↓の画像赤枠①から
数量を選択して「カートに入れる」をクリックして購入します。

2015 06 26 122932 300x139 アマゾンのカートシステムを理解して利益を拡大させる方法

 

その下に「こちらからもご購入いただけます」とありますが
ほとんどの場合はそのまま赤枠①から購入されます。

 

では赤枠①から購入した場合、
どの出品者から商品が買われるのかというと、
それは赤枠②に表示されている出品者になります。

画像で言うと「町の電気店TINA」という出品者さんですね。

 

カートとはつまりは赤枠①のことで、
商品カタログページのトップページに表示されている状態、
画像で言えば現在「カートを取得」しているのは
「町の電気店TINA」さんということになります。

 

基本的にお客さんは、出品者が誰かなんてことは考えません。
その商品自体にしか興味はないですし
「誰から購入しようかなー?」なんて考えることはなく、
赤枠①からそのまま商品を購入することがほとんどです。

 

つまり、このカートを取得できない限りは、
相乗り出品で商品が売れることはほぼないということです。

だからライバル同士でカートを奪い合う状態になるわけですね。

warp blog it trend 141020 300x187 アマゾンのカートシステムを理解して利益を拡大させる方法

カートを取得するには?

 

ではカートを取得するには一体どうすればいいのか。

 

実は、このカートの権限が与えられる条件というものは
正確な判断基準はAmazonは公開していないのです

なのでどういったロジックになっているのかは
細部まで100%解説することはできませんが
ほとんどのことは分かっているので問題ありません。

 

まず、カートを取得する資格があるのは
「大口出品」で契約した場合のみです。

まあこれについては当たり前のことで、
僕らは気にする必要はありませんね。

 

 

で、そのカートの権限が与えられる条件についてですが、
主に4つのポイントがあります。

 

①出品価格
②出品形態
③在庫数
④顧客満足指数

です。

 

上から順にカート取得率に影響してきます。
①が最も強く影響し、④が最も弱いということです。

 

まず①の出品価格についてですが、
これはもちろん安ければ安いほどカートは取れます。

 

②の出品形態とは、FBA発送か自社発送のどちらかということです。
FBA出品者のほうが、カート取得率は優遇されています。

 

③の在庫数は、その商品の在庫をいくつ抱えているか。
多ければ多いほど有利になります。

 

そして④の顧客満足指数ですが、これは

・購入者からの評価
・購入者からの問い合わせへの対応
・出荷遅延はないか?
・商品返品率

などの項目から算出された数字のことです。

これが高ければ高いほど有利になります。
まあ普通に販売していればまず問題はありません。

これについてはセラーセントラルから見ることができます。

 

 

 

ただ今も言ったように、①から順に影響してくるわけなので
③と④あたりはほとんど影響されないと思っておいて大丈夫です。

 

カート取得率に大きく関わってくるの重要なポイントは
出品価格と出品形態の2つになるので
この2つのポイントを意識してください。

 

つまり、カートをより多く取得するためには
「FBA出品で、なおかつ最安値である」
ということが必要になってくるわけです。

 

ですから、相乗り出品をする際には
価格を最安値に合わせることを忘れないでください。

でないといつまで経っても商品は売れません。

4 アマゾンのカートシステムを理解して利益を拡大させる方法

 

「評価ゼロの新規はカートが取得しにくい~なんちゃら~」
とか言ってる情報発信者をたまに見かけますが、
全くもってそんなことはありません。

FBA出品で、最安値を付ければ
評価ゼロの新規だろうがカートは問題なく取れます。

 

そしてこのカートシステムは、
1度カートが取れたらずっとそれをキープできるわけではなく、
今説明した条件を元に、順番に回っていきます。

1、2個売れたら、次の出品者にカートが移行するようになってます。

 

利益を最大化するために

 

カートを取得する条件に、
最安値をつける必要があると説明しましたが
厳密に言うと、別に最安値である必要はありません。

 

実は、20~30円ほどであれば、
高くしてもカート取得率に影響はなく、
問題なくカートは回ってくるのです。

 

つまり、最安値+20~30円の価格で出品すれば
その分だけ他の出品者よりも多く利益を出せるというわけです。

088 300x300 アマゾンのカートシステムを理解して利益を拡大させる方法

 

たった2、30円で何を・・・

と思うかもしれませんが、
これが10個、100個、1000個と数が増えていけば
後にえげつない差になることは言うまでもないですよね?

「塵も積もれば山となる」ですよ。

1000個売ったときには、3万円もの差が生まれるわけですから。

 

実は、これを知っている人はほとんどいません。笑

これを知れたあなたはかなりラッキーですよw

 

今まで最安値を付けていたのなら、
早速今日から取り入れてみてください。

 

1件のコメント

  • 役田 時泳

    最近まで僕も中国輸入でamazonに相乗り出品をしてましたが
    購入者の返品が相次ぎアカウント停止になり今では復活のためにがんばっています。
    ふじおさんもアカウント停止になったことはありますか?

コメントを残す