輸入転売で体積重量を考慮しないと死にます

どうも、ふじおです。

今回は、輸入転売の利益計算で必須となる
国際送料について詳しくお話します。

 

中国から日本へ発送するときの国際送料は
すべて商品の重量によって値段が決まります。

しかし重量と一言で言っても、
実は2種類の重量算出法があるのです。

 

これを知らずに利益計算を行うと
思わぬ大赤字を食らうことになってしまうので
これは確実に覚えてください。

 

実重量と体積重量

 

商品の利益計算をするときの1つに、
中国から日本への国際送料を計算しますが、
その料金は重量によって決まりますよね。

ほとんどの場合は代行業者のホームページに
送料の一覧表が載っているのでそれを確認するかと思います。

何キロ~何キロまでは1kg/○元 とかってやつです。

 

ただ、重量は重量でも、
実は2種類の算出方法があって、
それが実重量体積重量です。

 

実重量はその名のとおり、
単純に商品そのものの重さなんですが、
問題なのが体積重量です。

体積重量とは、商品の大きさから算出された重量のことです。

 

 

体積重量の算出方法はこれです。

縦(cm) x 横(cm) x 高さ(cm) ÷ 6000 = 体積重量

 

最後の6000については、代行業者によって違います。
5000のところもあれば7000のところもあるので
そこは代行業者にしっかりと確認を取りましょう。

 

この実重量と体積重量の2つを比較したとき、
より重い方が重量として採用され、料金が計算されます。

 

例えば、
実重量が21kg、縦55cm,横45cm,高さ60cm
の商品があったとします。

これを体積重量で計算すると、
55 × 45 × 60 ÷ 6000 = 24.75kgになります。

 

実重量が21kg、体積重量が24.75kgのこの商品は
より重い方の体積重量が採用され、
24.75kgとして国際送料が計算されるのです。

 

つまり、いくら商品の実重量が軽いとしても、
サイズが大きい商品というものは
体積重量から国際送料が高くついてしまうというわけです。

軽くて大きい商品はなんかは、注意が必要です。
例えば大きなクマのぬいぐるみとか。

 

 

この体積重量のことを知らずに、
すべて実重量だけで送料計算をして
仕入れを行っている人がたまにいるんですが、
こんなことしてたら知らぬ間に大赤字を食らってしまいます。

利益がバンバン出る美味しい商品だと思っていたら
実際は赤字の極み、激マズ商品だった、
なんてことになりかねません。

4 輸入転売で体積重量を考慮しないと死にます

 

ようは、利益の出やすい商品というのは
ただ軽ければいいってもんじゃなくて
軽くて、尚且つ小さい商品だということです。

 

この体積重量については見落としがちな人は非常に多いので
これを見たあなたは絶対にそんなミスはしないでくださいね。

 

 

アーカイブ

コメントを残す