タオバオとアリババの違いは?どちらがいいのか?

どうも、ふじおです。

中国輸入転売では、タオバオorアリババから商品を仕入れますが、
この2つの違いについてよく質問を受けます。

 

そこで今回は、タオバオとアリババの
それぞれのメリット・デメリットについてお話しながら
実際にどちらで仕入れるべきなのかを解説しようと思います。

 

タオバオのメリット・デメリット

 

まずはタオバオについて解説します。

 

タオバオ

 

タオバオは、中国最大級の通販サイトです。

企業が一般消費者向けに販売を行っているショッピングサイトで、
日本でいうAmazonや楽天などと同じです。

 

そのように、企業が一般の消費者に商品を販売する形をBtoCといいます。

BtoCの用語については、細かく解説しても意味ないので
「Bが企業、Cが一般消費者」と覚えておけばOKです。

タオバオはBtoCということを覚えておいてください。

 

タオバオのメリットは次のとおりです。

・ロット数が決められていない
・扱っている商品数が膨大

タオバオは購入の際にロット数に制限がなく、
基本的に1個から購入することができます。

つまり、仕入れの資金が少ない初心者の方でも
気軽に少数の仕入れが行えるというわけです。

 

そして扱っている商品数がとにかく膨大、
タオバオにないものはないと言っても過言ではありません。

アリババにはない商品でも、タオバオにはあるというケースも多くあります。

 

 

そしてデメリットについてですが、
これは販売価格が高い、ということですね。

企業が一般人向けに商品を販売しているわけなので
もちろんのこと提示されている価格は若干高くなります。

 

物販の基本として、仕入れは上流なら上流ほど
間に余計なものが入らないため安く購入できますが、
タオバオは一般人向けということで最も下流の位置になるので
その分価格も高くなってしまいます。

 

アリババのメリット・デメリット

 

次にアリババについてお話します。

アリババ

 

アリババとは、中国の問屋みたいなもので、
企業が企業向けに商品を販売しているBtoBの取引サイトです。

タオバオはBtoCですが、アリババはBtoBになり、
中国の工場から業者向けに出店されています。

 

このアリババも、運営している会社はタオバオと同じですので
サイトの見た目や使い方などはほぼ同じになります。

 

 

アリババのメリットは、「価格が安い」ということです。

BtoBのアリババは、BtoCのタオバオよりも
上流に位置するため、その分価格も安いです。
タオバオとアリババで同じ商品を見比べてみれば分かります。

 

また、↓の画像赤枠のように、
ロット数によって価格が決められていることが多く、
たくさん買えば買うほど1個あたりの価格も安くなります。

2015-06-17_024637

この商品ページでは、

3~4個は1個/68元
5個~14個は1個/58元
15個以上は1個/48元

という価格設定になっています。

 

 

そしてデメリットについては、
「最低ロット数が決められていることが多い」ことですね。

タオバオとは違い、アリババは業者向けに出品しているので
出品者は1個や2個ではなく、複数の購入を想定して出品しています。

そのため購入の最低ロット数が決められていることが多く、
基本的に1個から購入できることが少ないです。

 

もちろん、中には1個から購入できるショップもありますが、
1個や2個の発注だとショップからうざがられることも多く、
注文しても無視されてしまうこともあります。

だったら最初からロット数提示しろよって話ですが。笑

この辺は日本と中国の文化の違いですね。

 

この最低ロット数が決めれているが故に、
仕入れの資金があまりなかったり、
テスト販売で2,3個だけ買いたいときなどには向かないかもしれませんね。

 

ですが、1個から購入できるショップももちろんありますし、
そもそも1個や2個しか仕入れないということ自体、
販売目的で購入するうえではあまりないことですので
このデメリットはそこまで問題となることでもありません。

 

結論

 

タオバオとアリババのメリット、デメリットをそれぞれお話しましたが
結局どちらで仕入れを行えばいいのか結論を言いますと。

 

メインをアリババ、サブにタオバオという結論になります。

 

輸入転売で利益をあげるためには
「安く買って、高く売る」が重要になってきます。

アリババとタオバオを比較した場合、
アリババのほうが安く仕入れることができるわけですから
単純にアリババから仕入れたほうがいいに決まってます。

 

ロット数に関しては先ほども言ったように、
1つから購入することも出来なくはありませんが、
そもそもそんなに少ないロットで仕入れをするべきではありません。

最初から売れると分かっているものを仕入れるわけですから、
仕入れの数をそんな少量に抑えること自体、矛盾しています。

 

新規出品でテスト販売をするにしても、
たった1個や2個仕入れて何をテストできるのでしょうか?
そんな少量では、たとえそれが売れたとしても、
需要があって売れたのか、マグレで売れたのかの区別が付きません。

テスト販売を行うにしても、最低3個以上、
本当は5個以上は仕入れるべきです。

 

 

アリババは1個や2個がダメなだけであって、
1商品につき5個以上仕入れることができるなら
アリババで仕入れるには困ることはありません。

アリババのロット数なんて大したことではありませんから。
気にしないでください。

 

タオバオは、アリババで商品が見つからなかったときに利用しましょう。

タオバオのメリットでもお話したように、
タオバオの商品数はとにかく膨大ですから、
アリババにはなかった商品でもタオバオならあるかもしれません。

 

まずは最安値で仕入れるためにアリババでリサーチ。
商品が見つからなかった場合にタオバオでリサーチ。

といった感じで、両者の特性を生かしましょう。

 

コメントを残す