仕入れOKな中国商品を見極める方法

どうも、ふじおです。

輸入転売で稼いでいくうえでは、
輸入してはいけない商品や、できない商品などがあるわけで
様々な隠れた落とし穴が潜んでいます。

 

そもそも、僕ら中国輸入転売プレイヤーが扱うべき商品とは
どんな商品なのかしっかりと理解できていますか?

もちろん、中国から商品を仕入れるわけなので
扱う商品はすべて「中国製」ということになります。

 

しかし、ざっくりと中国製と言っても、
どんなものが中国製で、仕入れOKなものなのかを
イマイチ理解できていない人がかなり多いです。

 

そこで今回は、僕ら中国輸入転売プレイヤーが
扱っていくべき商品について詳しく解説します。

 

これを知らずに輸入転売を行ってしまうと
いつの間にか違法行為に手を染めた状態になってしまったり
最悪の場合、警察のお世話になってしまうこともありますので
これは確実に覚えておきましょう。

 

中国は100%偽物

 

中国輸入転売で扱っていくべき商品は、
基本的にはすべてノーブランド商品のみを扱います。
大手のメーカー商品や、ブランド物の商品は扱いません。

なぜなら、中国サイトにあるメーカー商品やブランド物商品は
ほぼ100%、商標権や特許権などの権利を無視して
全く関係のない会社・工場が元の商品をコピーして作っただけの
「偽物商品」だからです。

 

 

例えば分かりやすい例でいうと、ヴィトンの財布とかですかね。

中国サイトにあるヴィトンの財布なんかは
ヴィトンとは全く関係のない工場がそれをコピーして作っただけであって
ヴィトンの権利をもろに侵害しています。

これを仕入れて販売した瞬間、アウトです。

ヴィトンから訴えられたら確実に負けますし、そもそも違法です。

本来ヴィトンから売れるはずだった商品なのに
ヴィトンからしたらその売上を横取りされた状態になるわけですからね。

知らなかった、では済まされません。

 

まあさすがにこんなに分かりやすい、
ハイブランドの商品を扱う人はいないと思いますが、
ヴィトンに限らず、その他メーカー品やブランド品も同様です。

 

 

中国では他社の商品をコピーして作ることは日常茶飯事、
当たり前のように起こっていることです。

「え?コピーして何が悪いの?」って感じで。

日本では考えられませんが、それが中国なのです。

 

たとえ信頼のできそうなショップが販売していて、
明らかに本物だろーっていう商品でも、偽物です。

決して淡い期待を持たないようにしましょう。

 

中国サイトにあるブランド・メーカー商品は
100%すべてが偽物だということを頭に刻んでください。

 

しかしその逆に、ノーブランド商品である場合は
99%中国製であるという判断もできます。

ですから僕らが扱うべき商品は、
そういったどこのブランドにも属していない、
ノーブランド商品のみです。

 

ノーブランド商品だけでも山ほど商品数があるので
ブランド品など扱わなくても余裕で稼げますから。

わざわざそんなリスクを負う必要はありません。

 

仕入れOKな中国商品を見極める方法

 

まずはその商品がノーブランド品なのかどうかの
「目利きの力」をつける必要があります。

最初のうちはよく分からないかもしれませんが、
慣れてくればその商品をパッと見ただけで
ノーブランドか否かの判断ができるようになります。

リサーチ

 

その力を付けるための方法として、
中国商品とブランド商品のそれぞれの違いを把握するために
まずはAmazonを使って実際に商品を見てみることをおすすめします。

 

例えば「ノーブランド」や「中国製」といったキーワードで
まずは中国商品をザーッと見てみるのです。

 

・どんなジャンルの商品があるのか?
・どんな特徴があるのか?

といったことを意識しながら、中国商品に目を慣らしてください。

すると、色々と共通点が見えてくるはずです。

 

そうしたら今度は、今見ていったものとは真逆の、
ブランドやメーカー商品を見てみましょう。

例えば「パナソニック」「ソニー」「日本製」などと検索してみてください。

そこで出てくる商品を、先ほどと同じように
特徴などを意識しながら見ていきます。

すると色々と明確な違いが見えてくるはずです。

それをまずは自分の中にしっかりと落とし込みましょう。

 

面倒かもしれませんが、これをやることによって
目利きの能力がつきますし
仕入れ判断の際にも迷うことがなくなります。

 

 

ノーブランドか否かの判断で一番簡単な方法は、
「商品自体にブランドのロゴなどの印字があるかどうか?」を見ることです。

これが全くない商品というものは基本的にノーブランドと見てOKです。

あとは商品説明などをしっかりと読むことも大事です。

 

 

また補足ですが、見た目は中国サイトにある商品と全く同じでも、
その商品自体に自社のロゴを印字して商標権を取得して
自社ブランドと主張して販売しているカタログページもあります。

相乗り出品を考える場合には、
こういったページに相乗りすることはできないので
そこも1つ注意したい点ですね。

 

今回説明したように、
取り扱いOKな中国商品を見極める力を付けるのは
これから稼いでいくうえでは絶対に必要なことなので
ここは外さずに覚えておくようにしましょう。

 

 

 

2件のコメント

  • YMS

    確かに中国でブランド品といったら偽物の可能性がとても高いイメージがあります。
    ノーブランドだとそういったリスクを防ぐことができるので、ノーブランドということですね。
    とても参考になりました。

  • なつ

    ふじおさま
    初めまして、
    サイト拝見しました。
    中国輸入にてせどりを始めようかと思っております。
    色々な方のサイトを拝見しましたが、1番分かりやすく芯をついた説明で、始めるにあたり色々とアドバイスを頂きたいと思いメールさせて頂きました。
    mailにてご連絡を頂ければ幸いです。

コメントを残す