輸入転売 100%稼げる商品のリサーチ方法

どうも、ふじおです。

前回は、優秀なライバルセラーの探し方について解説しました。

 

そこで今回は、そのライバルセラーを元に
どの商品を仕入れるべきなのかの判断基準を
データ解析の方法と共にお話します。

商品のピックアップ

 

まずは前回の記事で説明したように、
ライバルセラーの商品一覧を表示させます。

 

2015-06-06_201516

 

ここから商品を1つずつ見ていってもいいのですが、
これでは無造作に商品一覧が表示されているだけで少し効率が悪いので
ランキング上位のものから順に表示される「ストアページ」に切り替えます。

そうすれば売れている商品から順に見ていくことができるわけですね。

 

ストアページに飛ぶにはショップ名の下にある
「○○○のストア」をクリックします。

 

すると↓のようなページに飛びます。

 

2015-06-06_201549

 

この中から実際に商品ページへ飛んで
商品の詳細を見ていくわけですが、
ここで注意して見てほしいのが「商品価格」です。

 

商品価格は、基本的には安すぎるものはダメです。
具体的には数百円とか、1000円にも満たないものですね。

なぜなら、ほんの少しの価格変動で
利益率が大きく違ってきてしまうからです。

 

 

例えば500円の商品が原価200円で仕入れられたとして、利益が300円とすると、
確かに利益率で見ると60%も取れるので大丈夫かと思ってしまいがちですが、
それが価格競争によって500円→400円→350円→300円と
たった数十円、数百円値下がりしてしまうだけで
一瞬のうちに低利益率、または赤字になってしまうのです。

たった200円値下がりするだけで利益率は半分近くになり、
300円値下がりしたらもう利益はゼロです。

こんな僅かなボラティリティで
利益率が変わってしまうような商品を扱うべきではないのです。

 

もちろんすべてがダメというわけではなく、
条件によっては行けるものもありますが、
初心者のうちはやめておきましょう。

 

また、上限のほうはないのかとよく聞かれますが、
高すぎるのもやめたほうが無難ですね。

その分仕入れ原価も高くなるわけですから
リスクが高くなります。

また、売れ行きが悪くなかなか売れなかったりすると
キャッシュフロー(資金回転率)がよくないからです。

 

まあそもそも、中国商品でそんなに高い商品ってまずないんですが。
あまりにも高いのはブランド物の可能性が出てきますしね。

上限のほうも具体的に挙げるとしたら、4000円くらいですかね。

 

ですので、僕は基本的に1500円以上、4000円以内
商品だけを見ることを推奨しています。

それ以外の商品はシカトしちゃってください。

 

というわけで、商品一覧の中から
1500円以上、4000円以内の商品を探していきましょう。

 

2015-06-06_201741

 

今回はこれで行ってみましょう。

 

2015-06-06_202027

 

 

商品名・商品説明・商品画像のどこを見ても
特にブランドらしき表記はなく、
これは間違いなくノーブランドの中国商品だと判断できます。

 

AMASHOW(モノレート)を使ったランキング解析方法

 

そうしたら、この商品について解析をしていきます。

カタログページの下をスクロールして見ていくと、
「登録情報」という欄が見えてきます。

 

そこにある「ASIN」というコードを使います。

2015-06-06_202525

B00BKSFVGEってやつですね。
こちらをコピーしましょう。

 

 

ここで、モノレート(旧Amashow)というサイトを使います。
モノレート:http://mnrate.com/past.php

 

モノレートの検索窓で、
コピーしたASINコードを貼り付けて検索しましょう。

2015-06-06_203058

 

すると、この商品についてのデータが出てきます。

 

モノレートでは、Amazonの商品についての

・価格の変動
・出品者数の変動
・ランキングの変動

を10日間~全期間までの区切りで見ることができます。

つまり商品のデータをすべて丸裸にできてしまうわけですね。

 

上記の3つでチェックすべきポイントをお話します。

 

まずは価格の変動ですが、
これは安定していればしているだけいいです。

価格変動が激しいものは
自分が出品後も価格が動いてしまう可能性が高く、
正確な利益が把握できないですし、
みるみるうちに価格が下がって赤字になる可能性も高まります。

正確にこう、とは言えませんが、
3ヶ月、6ヶ月と価格変動を見てみて
そこまで変動がないものがいいですね。

そこは臨機応変に判断してください。

 

そして出品者数ですが、もちろん多すぎるのはよくないですね。
相乗りに関しては少なければ少ないほどいいです。

多ければ多いほど、
その分カートの順番が回ってくるのが遅くなりますし、
価格競争も起きやすくなるからです。
(ちなみにカートとは、商品カタログページのトップに表示されることを言います。
相乗りではこのカートを取らないとまず売れません。)

これも売れ行きやライバルの状況によって変わるので
一概に何人とは言えませんが、
大体10人以内とかがいいんじゃないでしょうか。

 

それよりも一番重要なのが、ランキングの変動です。

2015-06-06_213316

このランキングの変動は、つまりは商品の売れ行きを指します。

商品が売れればランキングが下がるわけですから、
ランキングが下がったとき=商品が売れたと判断できます。

↑の画像ではデフォルトの3ヶ月間で表示していますが、
これでは細かすぎて見づらいので1ヶ月に変更しましょう。

 

左のメニューの「グラフ(期間)」から1ヶ月を選択します。

2015-06-06_213645

 

するとこうなります。

グラフが下に下がったときに商品が売れたわけですが、
正確に何個売れたかまでは分からないので
「最低でも1個は売れた」と判断します。

 

 

ようは、僕らが知りたいのは
「この商品は月に何個くらい売れているのか?」
ということですので、
「1ヶ月間の間に何回グラフが下に下がったか?」
をチェックするわけです。

ちなみにこの商品は、グラフを見れば一目瞭然ですが、
とにかくめっちゃくちゃ売れまくってますね。笑

 

 

ちょっと売れすぎてて分かりにくいので、
例を1つ出してみます。

2015-06-06_214659

 

例えばこれなんかは、合計10回下にグラフが落ちているので、
「1ヶ月間に最低10個は売れた」と判断できるわけです。

もちろん「最低」ですので、
1回の下落で2個や3個売れていることは当然ありますが。

 

このようにしてランキング解析から商品の売れ行きを判断しましょう。

 

何個売れていればいいのか、
ということですがこれについても断定はできません。

・相乗り出品者の数
・商品価格
・どのくらいの回転率で行きたいのか

などによって変わってくるからです。

 

 

最終的な判断基準

 

以上のように商品のピックアップから解析までを説明しましたが、
ここからどんな条件を元に実際にタオバオ・アリババで
リサーチを開始すればいいのか、それについてお話します。

ただ何も考えずにすぐに中国サイトでリサーチを開始するのは
時間効率が非常に悪いので
しっかりとめぼしいものが見つかったときにのみ
そこで初めて中国サイトで同じ商品をリサーチするべきですから。

 

まあこれも人によって違うものなんですが、
僕が推奨する相乗りの条件は「月商5000円以上」です。

「その1つの商品で、月商5000円以上取れるかどうか」
ということです。

やはり相乗りではこんなもんですね。
少ないと思うのなら商品数を増やせばいいだけの話です。

 

先ほど説明した解析方法を使って、

・1ヶ月間に何個売れているのか?
・出品者は何人いるのか?
・価格はいくらで売れるのか?

これらを総合的に見て、その商品1つで
月商5000円以上取れるものを見つけた場合に
タオバオ・アリババでリサーチを開始するようにしましょう。

 

次の記事では、いよいよタオバオ・アリババで
実際に同じ商品をリサーチしていく方法を解説します。

コメントを残す