相乗り出品か新規出品、どちらが稼げる?その2

この記事は、前回の続きとなります。
前回の記事をお読みでない場合は、まずはそちらをお読みください。

こちらからどうぞ。
相乗り出品か新規出品かどちらが稼げる?その1

新規出品

 

  • 新規出品のメリット

①価格競争が起きない
②利益率が高い
③売上を独占できる
④リストの寿命が長い
⑤オリジナル商品の販売ができる

 

自分で商品カタログページを作ってしまえば、
そのページの出品者はもちろん自分1人だけになるので
他のセラーと価格を争うということはあり得ません。
その商品の売上もすべて自分1人で独占できます。

価格も自分で自由に決めることができるため利益率も高いです。
激安商品を高値で販売してしまえば、
極端な話、利益率90%とかもあり得るわけですからね。

088 300x300 相乗り出品か新規出品、どちらが稼げる?その2

 

また、水着などの季節商品ではなく
1年中使っていけるような通年商品であれば、
基本的に売れ行きは常に安定しますので
そのリストは末永く使っていくことができます。

ある程度ランキングが上がって売上が安定すれば、
あとは品切れ時に在庫を補充するだけですので
ほぼほったらかし状態です。

 

新規出品のみで自分の満足のいく売上をキープできるようになれば、
もうほとんど商品リサーチをする必要もなくなります。

また、Amazonにはまだ出品されていない商品も扱うことができるので、
OEM商品など、自分のオリジナルの商品を出品することもできます。

 

 

  • 新規出品のデメリット

①すぐには売れない
②出品作業が面倒
③在庫を抱えるリスクがある

 

新規で出品したばかりの状態というのは、
ランキング圏外からスタートするわけなので
露出も少なく、出品後すぐに売れるということは稀です。

出品から2週間ほどは1つも売れないということはよくある話です。
まあこれは当然ですね。

 

そして商品名・商品画像・説明文・キーワード設定など
すべて1から自分で作成しなければならないため
相乗り出品よりは少し手間がかかります。

また、相乗り出品のように
既に売り上げ実績のある商品を扱うわけではないので、
下手なリサーチを元に新規出品をしてしまうと、
全く売れない不良在庫を抱えることになりかねません。

 

 

では、どちらで販売していくべきか?結論は?

 

さて、ここまで相乗り出品と新規出品の
それぞれの特徴、メリットデメリットをお話しました。

結局、どちらで戦っていけばいいのか。

 

僕は絶対的に新規出品をおすすめします。

 

ただ、最初のうちは相乗り出品でも全然構いません。
でも最終的には新規出品のみで戦っていくようにしてください。

 

その理由をお話します。
そもそも相乗り出品は、
先ほど説明したデメリットの部分が致命的です。
価格競争に追われ、利益率も低く、リストの寿命も短い。

これではこの輸入ビジネスで
長期的に、大きく稼いでいくことはできません。

 

売上をキープするためには
とにかくひたすら商品リサーチをしなければなりませんし、
かといってリサーチを必死に頑張ったところで、
利益率が低いのであまり儲かりませんし、
とにかく終わりが見えない作業になってしまうのです。

 

まあ、ただ短期的にお小遣いを稼ぎたいだけだったり、
商品リサーチがとにかく大好き、自由な時間など一切いらない、
というのならば話は別ですが。

 

しかしそうではなく、
長期的に、大きく稼ぎ、さらに自由な時間もほしいと少しでも思うのでしたら
いつまでも相乗りで戦っていてはダメです。

 

ただ、いきなり新規出品をしようと思っても、

・どんな商品が売れやすいのか
・利益率が高い商品にはどんな特徴があるのか
・どんな戦略で新規出品を行っていくのか

などなど、新規出品に必要な知識や経験が
何もない状態ですので、必ず失敗します。

 

なので、まずは相乗り出品で
そういった力をしっかりと付ける必要があるわけです。

相乗り出品をしていく過程には、
学べることがたくさんありますからね。

023 300x210 相乗り出品か新規出品、どちらが稼げる?その2

最初は相乗り出品でリサーチを頑張っていけば
新規出品に必要な能力が自然と身に付くようになります。

そうして力が付いてきたころに、
新規出品を考えるようにするのです。

 

そうすれば、
新規出品で不良在庫を抱えてしまうようなことも
ほぼあり得なくなります。

たとえ最初の2週間全く売れなかったとしても、
リサーチがしっかりと行えているのなら、
その商品は自ずと勝手に売れていきますから。

そしてランキングが上がってくれば、
その商品は安定的に売れるようになってきます。

そういう商品リストをたくさん増やしていければ、
もうあとはこっちのもんです。

 

一番面倒な商品リサーチをほとんどしなくて済むし、
することは在庫が切れそうになったものを補充するだけです。

そうして自動販売機状態に持っていくことができれば、
あとは本当に楽して稼ぐことができますから。

photo 300x225 相乗り出品か新規出品、どちらが稼げる?その2

ただ、自分が新規出品をしてカタログページが目立ってくると、
他のセラーに相乗りされる恐れが出てくるのですが、
これにもしっかりと防御策があります。

それについては後日別の記事でお教えしようと思います。

 

 

 

まとめますと、

最終的には新規出品で自動販売機状態に持っていく。

ただ、いきなりそれをやっても確実に失敗するので
まずは相乗り出品から始めて、
新規出品に必要な能力を養っていく。

というわけです。

 

しっかりと段階を踏んでいきましょう。

 

リサーチ能力さえ身に付いてしまえば、
この物販の世界では一生食っていくことができます。

頑張っていきましょうね。

アーカイブ

コメントを残す