輸入転売 Amazonかヤフオクどちらが稼げるのか?その1

どうも、ふじおです。

今回は、輸入転売で効率よくビジネスを行っていくために
商品販売に使うべきネットショップについてお話します。

 

輸入転売プレイヤーの多くが使っているものとして
Amazonとヤフオクの2つが挙げられますが
一体どちらで販売を行えば
最も効率よくビジネスを行えるのでしょうか?

 

 

Amazon、ヤフオク、違いは?

 

まずいきなり結論から言ってしまうと、
「両方使いましょう」
です。

 

ただ、メインとして使っていくのは
僕は絶対的にAmazonを推奨します。

 

なんだかハッキリしない回答になってしまいましたが、
その理由を、Amazonとヤフオクの両者を比較した場合の
メリット・デメリットを挙げながら説明していきます。

 

もう1度言いますが、
あくまでもAmazonとヤフオクを比較し、
その両者の違いを元にメリットデメリットをお話しするので
そのつもりでお読みください。

 

 

Amazonのメリット・デメリット

 

まずはAmazonのメリットについてお話します。

 

 

メリット

①出品作業が簡単

②在庫の保管場所が必要ない

③自動化が効く

などです。

 

 

1つずつ解説します。

 

①出品作業が簡単

Amazonのシステムでは、
既に販売中である商品カタログページと同一商品であれば
自分もそのページに被せて同じように出品することができます。

 

例えばどらえもんのiPhoneケースの商品ページがあったとして、
自分も同じどらえもんのiPhoneケースを持っていれば
そこに出品をすることができるわけです。

これを相乗り出品といいます。

 

Amazonではこの相乗り出品が可能なため、
出品の際にわざわざ商品ページを自分で作る必要がありません。

 

つまりこの相乗り出品を利用すれば、

・商品画像
・商品説明文
・キーワード設定

など、すべての項目が既に整っている状態であるため、
ほぼ1クリックと言っても良いほど簡単に
その商品を出品することができます。

 

 

②在庫の保管場所が必要ない

通常の物販ビジネスでは、商品の在庫を抱えることは必須ですので、
その在庫を保管するための「場所」を確保する必要があります。

 

初心者のうちは商品数も少ないため、
なんとか自宅に在庫を保管することも可能かもしれません。

しかし売上が増えてくるにつれて商品数も増えますし、
1商品あたりの在庫数も増えていくのは当然のことなので、
それらの大量の在庫を抱えるまでになったとき、
それをすべて自宅に保管するとなると
なかなかそれが出来る人は限られてくるはずです。

在庫保管専用の部屋を用意できるような
どでかい豪邸に住んでいる人意外はまず無理でしょう。

zaiko

 

この在庫の保管スペースについては、
物販ビジネスの大きなデメリットの1つとなります。

 

 

しかしAmazonでは、「FBA」という巨大な倉庫を運営しており、
そこに自分の商品をすべて保管しておくことが可能です。

よって、在庫の保管場所を考える必要は一切ありません。

 

 

③自動化が効く

・商品の梱包
・商品の発送
・顧客とのやり取り(代金の回収や返品処理など)

これらは、物販ビジネス特有の
非常に面倒だと考えられる作業ですが、
これらの作業は、AmazonのFBAを利用することで
すべて自動化することができます。

 

FBAに商品を納品さえしてしまえば、商品の梱包、発送、顧客対応など
販売に関わるほぼすべての作業をAmazonが代行してくれます。

 

FBAは本当にありがたい強力なサービスですので、
これが存在している限りAmazon最強説は揺るがないでしょうね。

 

jidoka

 

 

デメリット

①手数料がかかる

 

デメリットとしては手数料がかかる、
これ以外には特にありませんね。

 

・月額利用料
・カテゴリー手数料
・出荷手数料
・FBA在庫保管手数料

 

FBAを利用した場合、上記の手数料がかかります。

 

まずはセラー会員としての月額利用料金が5000円。

そして商品が売れた際には、
商品カテゴリー毎に設定された手数料がかかります。
大体8%~15%ですね。

出荷手数料はFBAから商品が発送される際の送料です。
サイズ毎に3つの料金が設定されていますが、
多くの商品は標準サイズが適用され約320円です。

そしてFBA保管手数料ですが、
こちらは大体1つ月額10円とかそこらですので、
あまり気にしなくていいかと思いますが。

 

確かに上記のような手数料がかかってしまいますが、
Amazonの圧倒的な販売力、
そしてFBAという素晴らしいサービスを利用するわけなので、
手数料がかかるのは当然のことです。

 

実際、この手数料では安すぎるほどの恩恵を受けられますし、
たったこれだけの手数料を気にしてこれを利用しないというのは
非常にビジネスセンスが乏しいと言えます。

これらの手数料を差し引いても、
余裕で利益を出すことはできますしね。

 

 

少し長くなってしまったので、続きは次の記事でお話します。

 

次の記事では、Amazonとヤフオクの2つを使うことによって
相乗効果で売上を数倍に膨れ上がらせる方法をお教えします。

 

こちらからどうぞ。

輸入転売 Amazonかヤフオクどちらが稼げるのか?その2

 

 

コメントを残す