2016年の実績

輸入転売売上:約3200万円(年商)
FX年間収支:約1700万円
その他:約60万円

中国輸入転売を自動化する方法

どうも、ふじおです。

今回は、中国輸入転売で稼いでいくまでの流れである、
商品リサーチから販売までの作業を
すべて自動化してしまう魔法のような方法を暴露してしまいます。

 

一般的に物販ビジネスは、
商品リサーチ、検品、梱包、発送など、
とにかく作業に追われて忙しいと言われていますが、
実はまったくそんなことはないのです。

 

僕が行っている手法で輸入ビジネスを行えば、
リサーチから販売まですべての作業を自動化することができます。

 

 

では、物販において利益を出すまでの流れである、

①商品リサーチ

②商品仕入れ、検品

③梱包、販売(購入者とのやり取り)

の3つについて、1つずつ自動化する方法を解説します。

 

 

 

①商品リサーチ

まずは商品リサーチについてです。

これは、ツールを使って寝ている間に~とか意味不明なことではなく、
非常にシンプルで現実的な方法です。

そもそもこのビジネスの一番の大事なリサーチの部分を
ツールにすべて任せようと考える時点で終わってますので。

 

で、その方法ですが、
一言で言えば「外注する」ということです。

 

リサーチする商品の条件をこちらで指定し、
その条件をクリアする商品を他人に探してもらうわけです。

 

例えば、

Amazonランキング○○位以内で、
仕入れ価格が○○元以内で、
利益率が○○%以上

という具合に条件を指定し、
その条件をクリアした商品1つにつき報酬を100円支払う、
という感じで歩合制にするといいでしょう。

友人などに頼んでもいいし、
誰か人を雇ったりしてもいいと思います。

 

 

ただ、僕がおすすめするのは
「中国人パートナー」を見つけて
その人に依頼することです。

中国輸入転売

 

中国人であれば非常に低価格で依頼することができるからです。

 

中国人パートナーを見つけるなんて
ハードルが高いと思うかもしれませんが、
意外と簡単に見つけることができてしまいますから。

 

以下のようなマッチングサイトがいくつかありますので
そこで募集をして直接取引をするという感じになります。

トレードチャイナ
http://trade-china.jp/

ALA! 中国
http://china.alaworld.com/

中国語学習サイト_中文広場  中国語BBS(掲示板)
http://www.chinese1.jp/bbs/

 

こちらはあくまでもマッチングサイトですので
コンタクトが取れたらSkypeなどに誘導し面接をするわけですね。

報酬を支払ってもしっかりと利益が出る見込みがつくのなら、
あとはガンガン商品を見つけてもらえば
利益は雪だるま式に増えていくはずです。

 

 

ただ、ここまで説明しておいてなんですが、
最初のうちからリサーチを外注するのは
僕は絶対におすすめしません。

 

 

何度も言うように、
物販ビジネスは「商品のリサーチ力」がすべてです。
その大事な幹の部分のスキルを身に付けずに
ツールに任せるだとか他人に任せてしまうのは
非常に危険であるからです。

 

そこを自分自身で力を付けずにないがしろにしてしまうと、
これから物販で長期的に稼いでいくことは100%できません。

 

ですので、このリサーチの外注化は
しっかりとリサーチ能力が身について
自信が付いてきてから検討するようにしましょう。

最初から楽をしようと考えてはダメです。

 

 

今回は輸入転売の流れを自動化する方法を
1から解説するためにこれをお話しましたが、
この話は、あなたが近い将来成長して
一人前になったときに検討するために
頭の片隅においておく程度でいてくださいね。

 

 

②商品仕入れ、検品

商品の仕入れから検品ですが、
こちらはすべて中国にいる代行業者に行ってもらいます。

中国のショップから商品を購入する際に値引き交渉をしてもらったり、
商品に不良がないかの検品をしてもらう作業を
すべてこちらで指示して行ってもらうのです。

 

 

まあここまでは輸入転売プレイヤーなら誰でもやっていることですが、
この次がミソとなります。

 

通常の中国輸入転売では、
中国のほうで買い付けが完了したら
その大量の商品が自宅に配送されます。

 

そして自宅に届いた大量の商品を1つずつすべて検品し、
そこからAmazonのFBAに自分で発送するか、
または自宅から購入者へ直接発送する、
という手段がとられています。
(ちなみにFBAとは、Amazonが運営する巨大な倉庫のことで、
ここに商品を納品すればあとはAmazonが勝手に梱包と発送を行ってくれます)

fba

 

これでは自動化など到底できるはずもなく、
売れれば売れるほど作業量が増え、
とにかく作業だらけの忙しい毎日になってしまいますよね。

 

 

ところが僕の手法では、
仕入れた商品は一切自宅を介さず、商品に手を触れることすらなく、
中国から直接AmazonのFBA倉庫へ発送してしまうのです。

tyokusou

 

これをすることにより、
商品の検品、FBAへの発送、
この2つの作業を完全自動化できます。

 

さらには、自宅からFBA倉庫へ発送するために必要な送料も浮くわけなので
作業面・コストの両者にメリットがあります。

 

自宅から指示を出すだけでいつの間にか仕入れが終わっているわけですね。

 

 

③梱包、販売(購入者とのやり取り)

そして最後に、

購入者とやり取りをして、
商品をきれいに梱包し、販売するわけですが、
これも非常に面倒ですよね。

 

たとえばヤフオクで販売した場合には
商品が売れたらまずは最初の挨拶から始まり、
購入者の連絡先や発送先を聞き、
そして代金の回収をする。

わざわざ購入者とメールや電話でやり取りをしなければなりません。
取引に関してトラブルが発生することもよくある話です。

toraburu

 

それらをくぐり抜けて、
ようやく商品を梱包し、発送するわけです。

 

 

もうお分かりかと思いますが、
AmazonのFBAへ直送してしまえば、
それらの作業もすべて自動化できます。

代金の回収から梱包、発送、顧客対応まで
すべてAmazonが迅速・丁寧・確実に行ってくれます。

 

あなたもAmazonで買い物をしたことがあれば分かると思いますが、
Amazonの商品梱包は異常なくらい丁寧です。

商品の発送もとにかく早い。
翌日発送は当たり前、即日発送も対応しています。

そして顧客対応も丁寧で完璧ですしね。

万が一購入者から返品の請求があったとしても、
すべてAmazonが勝手に1から手続きを行ってくれます。

 

 

つまりFBAに納品後に僕らがすることと言えば、
売上画面をニヤニヤと眺めるくらいです。

 

もちろんこれだけのサービスを提供してくれているわけですから、
手数料も少なからずかかりますが、
それでもメリットのほうが強烈すぎて、全く問題ありません。

特に中国輸入は利益率が高いため、
それら手数料をすべて引いても
利益率は30~40%をキープできますからね。

 

だから僕はFBA直送を絶対的に推奨していますし、
コンサル生にも必ずそうするように教えています。

 

 

 

以上のように、輸入転売での流れを自動化する方法を
一通り説明しましたが、いかがでしたでしょうか。

「物販は作業に追われて忙しい」
という今までの常識を覆されたのではないでしょうか。

 

僕はとにかく時間効率を気にしてビジネスに取り組んでいますので
自動化できる部分はすべて自動化するべきだと考えています。

自動化しても問題なく、かつ自動化できるものは
とことん自動化しなければ、
いつまで経ってもお金と時間は手に入りません。

 

あなたも時間効率を常に意識してビジネスに取り組んでいきましょう。

 

1件のコメント

  • ゆか

    はじめまして。
    急にすみません…
    私は24歳2児ママの専業主婦です。

    輸入転売をしようかと考えてまして、初めてでなにがなんだかわかりません。
    中国からAmazonに直接送ってもらえるやり方を詳しく教えてもらえないでしょうか?
    送り状にはどんな記載をしたらいいのか?
    一番リスクの少ないやり方を教えてもらえないでしょうか。
    小口出品で考えてて売る時の単価が安い物だったら送料などですべて利益がとんでいきますでしょうか?

    できればお返事ください。

コメントを残す