輸入転売・せどり・国内転売。どれが一番稼げるのか?

どうも、ふじおです。

今回は、輸入転売と、せどりや国内転売との違いについてお話します。

 

これを何も知らずに、
そこらの情報発信者の言葉を鵜呑みしてビジネスモデルを選んでしまうと、
あなたが予定していたものとは全く違ったものになり
「こんなはずじゃなかった・・・」と頭を抱えてしまうことになりますので、
是非しっかりとお読みください。

輸入転売と国内転売の違い

 

輸入転売とせどりなどの国内転売との違いは主に次の5つがあります。

それぞれメリット、デメリットを考えながら読んでみてください。

 

 

①仕入先

②扱う商品の種類

③利益率

④作業場所

⑤時間効率

 

 

では1つずつ解説します。

 

①仕入先

まず1つ目は仕入先ですね。

 

まず輸入転売についてですが、
これは名前のごとく海外から商品を輸入するわけですから、
仕入先は日本ではありません。

僕がやっているのは中国輸入転売ですので、
僕の場合は仕入先はすべて中国からになります。

 

じゃあ中国に直接出向いて商品を探すのか、
というと全くそんなことはなく、
すべて自宅にあるパソコンから商品を探し、そして仕入れます。

主に、中国最大のショッピングwebサイトである
「タオバオ」「アリババ」から商品を仕入れます。

a4979601eb3fafcf30090e484d0abbf3 輸入転売・せどり・国内転売。どれが一番稼げるのか?

 

 

対するせどりの仕入先は、日本の古本屋や家電量販店になります。

 

ブックオフ、コジマ、ビックカメラなどですね。
これらに直接自分の足を使って出向き、
自分の手で商品を持って仕入れることになります。

もちろん、Amazonや楽天などのwebサイトから仕入れる方法もありますが、
上記の店舗に出向いて仕入れることがほとんどなので
商品を積んだり店舗移動するために、車は必須ですし、
誰かに手伝いを頼まないとなかなか1人では厳しいでしょう。

 

 

 

②扱う商品の種類

扱う商品の種類についてですが、
これは圧倒的に輸入転売が勝ります。

 

中国輸入転売では、
食品、化粧品、薬など
販売するために免許や資格が必要なものを除いて
ほぼすべての商品ジャンルを扱うことになります。

特にジャンルを絞る必要などなく、
利益が出るものなら何でもガンガン仕入れていきます。

original 300x200 輸入転売・せどり・国内転売。どれが一番稼げるのか?

 

よって、探せば探すほど利益が出る商品は無限に見つかりますし、
その分ライバルとの価格競争も起きにくいと言えます。

 

 

対するせどりでは、
古本屋や家電量販店から商品を仕入れるわけですので、
つまりはそれらに置いてある商品だけしか扱えないことになります。

主に本やCD、ゲームや電化製品ですね。

扱うジャンルは非常に狭いと言えるでしょう。

 

つまり、その分ライバルも参入しやすいために、
価格競争も起きやすく、末永く商品リストとして扱うことはまずできません。

基本的に、その場その場で儲かる商品を探さなければならないので、
常に目利きの能力が必要とされますし、
いつまでもレバレッジを効かせることはできないでしょう。

 

 

 

③利益率

 

利益率ですが、これも僕がやっている中国輸入転売が勝ります。

 

中国ではとにかく物価が安いです。
それはもう、羨ましくて仕方ないくらいに。

日本で2000円以上で売っているものが
中国では10元(約200円)ほどで購入できるものがザラにあります。

そこから国際送料や手数料などすべて引いたとしても、
利益率は30~40%ほど残すことができます。

 

また、仕入れ金額が安いということは、
万が一仕入れたものが売れなかったとしても、
背負うリスクは非常に少ないということにもなります。

 

 

 

対する国内転売では、利益率は非常に低いです。

20%もあれば上出来ですね。

 

それでいて、数千円~数万円もの高額商品を扱うことがほとんどです。
例えば、定価2万円のゲームを17000円で仕入れたり。

それが2万円で売れても、利益はたった数千円です。

 

そんな高額商品を仕入れてさらには売れ行きが悪ければ、
資金の回転率も非常に悪くなります。

083 300x210 輸入転売・せどり・国内転売。どれが一番稼げるのか?

 

 

 

④作業場所

僕が行っている輸入転売の手法では、
商品リサーチから仕入れ、そして販売まで、
すべての作業は自宅にあるパソコン1台で行っています。

2013 06 02 154025 300x189 輸入転売・せどり・国内転売。どれが一番稼げるのか?

 

 

自宅から1歩も出ることなく、
ただキーボードをカタカタ、マウスをぽちぽちと押しているだけです。

商品の梱包や発送も一切しませんし、そもそも商品自体に手を触れません。

これについてはこちらの記事で説明していますので、ご覧ください。

 

 

 

しかし、せどりなどの国内転売では、
仕入れから発送まで、ほとんどの作業が現実世界になります。

ただ販売の部分をネットショップで行うだけで、
他の作業はオフラインの作業ばかりです。
ネットビジネスと呼ぶのも危ういですね。笑

 

 

汗がだらだら吹き出てくる真夏の中、
太陽の光に目を細めながら商品仕入れのために
色々な場所へ飛び回ります。

真冬には厚着をして動きにくい格好になりながら
悴む手を温めて商品を探しに行きます。

雨が降っていれば商品が濡れてしまうかもしれません。

 

977c0e9d1132f58f08f6cb4edf34ce3c 300 226 300x226 輸入転売・せどり・国内転売。どれが一番稼げるのか?

 

この作業場所の違いというのは、
僕の中ではかなり重要な点となっています。

やはり僕は、自宅でコーヒーを飲みながらのんびりと作業したいですからね。

 

 

 

⑤時間効率

上記で説明したものを一通り考えてもらえれば分かると思いますが、
輸入転売と国内転売とでは、圧倒的に時間効率に差があります。

 

輸入転売ではパソコン1台で完全在宅でビジネスが行える。
そして商品に一切触れることなく、することと言えばリサーチだけ。

 

リサーチ以外の作業を自動化できるため、
とにかく時間効率に優れているんです。

 

つまり逆に言えば、物販ビジネスで一番重要な、
「リサーチ」にすべての時間を費やすことができる、というわけです。

これは本当にドでかいメリットでしょう。
ひたすらリサーチしてればいいんですから。

 

だからサラリーマンやOLの方でも、
空いた時間に副業でやることができますし、
短い時間を有効に使うことができます。

 

 

 

しかし国内転売は違う。

 

・仕入れのために店舗移動を繰り返す
・店内を走り回って商品を探す
・商品を梱包、発送する

これらすべての作業に無駄がありすぎるんです。

 

「仕事帰りにちょこっと電気屋に寄るだけ!」
とか意味不明なことを言っている情報発信者をそこらじゅうで見ますが、
それなら一直線で家に返ってパソコンでリサーチしたほうが早いですから。笑

そういう言葉のトリックに騙されちゃダメですよ。

 

 

わざわざ会社から自宅までの道を遠回りして、
駐車場に車を止めて、
店内を探し回って・・・。

結局効率が悪すぎます。

 

 

ビジネスは結果がすべてです。
いかに短時間で最大の結果を出せるかにかかっています。

023 300x210 輸入転売・せどり・国内転売。どれが一番稼げるのか?

 

 

 

さて、輸入転売と国内転売の違いについてお話しましたが、
あなたはどちらで稼いで行きたいと考えましたか?

 

言うまでもありませんが、
僕は圧倒的に中国輸入転売をおすすめしますね。

 

常に先を見据えて、どうすれば最終的に
自分にとって幸せな人生になるかを考えてくださいね。

 

 

アーカイブ

コメントを残す