2016年の実績

輸入転売売上:約3200万円(年商)
FX年間収支:約1700万円
その他:約60万円

中国輸入転売の稼ぎ方、せどりとの違いは?

どうも、ふじおです。

今回は、輸入転売の稼ぎ方や特徴、その全貌についてと、
国内転売やせどりとの違いについてお話します。

 

それぞれの特徴を知らぬまま
ただなんとなく始めてしまうと、痛い目にあうかもしれません・・・。

 

輸入ビジネスとは何か?

 

そもそも、輸入転売とは何かと言いますと、
海外から商品を購入し、その価格よりも高い価格にて
日本国内で販売し、価格差を利益として得るビジネスです。

 

 

海外で100円で買ったものを日本で1000円で売る。

安く買って、高く売る。

たったこれだけの非常にシンプルなビジネスモデルです。

 

ただ、「輸入」と聞くと、
企業が行うようなすごく大規模なものを想像したり、
外国語が分からなければ取引ができない、
など、難しく考えてしまうかもしれませんが、
全くそんなことはありません。

現在は日本人が運営している
買い付け代行業者などのサービスも充実していますし、
Google翻訳などの翻訳サイトを使えば言語が分からなくても
何も問題なく商品を探すことができるので、
今となっては非常に手軽で、身近なものになっています。

現に、中国輸入でバリバリ稼いでいる僕でも、
中国語なんてニーハオ、シェイシェイくらいが関の山で
ほんとサッパリ何も分かりませんから。笑

 

そのため、個人の間でもこの輸入ビジネスは流行しており、
副業などで取り組んでいる人も非常に多いですね。

 

利益を出すまでの流れ

 

輸入転売を始めるにあたり、
ゼロからどのような順番で販売まで持っていくのか、
おおまかな流れは下記のたった3つです。

 

①利益の出る商品のリサーチをする

②商品の買い付けを代行業者に依頼する

③日本に発送、そして販売

 

では1つずつ解説します。

 

①利益の出る商品のリサーチをする

ここではまず、日本と海外で価格差のある商品を探す作業をします。
何も考えずにただ単に商品を仕入れればいいわけではありませんから、
しっかりと利益が出て、かつ売れ行きがある商品を探すのです。
中国輸入では主にタオバオ、アリババというサイトから探します。

 

タオバオtaobaoアリババaribaba

ここで利益計算をする際に、注意すべきことがいくつかあります。

それは、

・現在の為替レート
・代行手数料
・国際送料
・日本サイト(主にAmazon)での販売手数料
・その他手数料

などをしっかりと加味して利益を計算するということです。

単純に販売価格だけ見て利益が出るから仕入れよう、
では思わぬ赤字を食らってしまいます。

 

②商品の買い付けを代行業者に依頼する

 

仕入れる商品が決まったら、いよいよ商品を購入します。
何の商品を購入するのかを、日本人の代行業者に指示を出します。

代行業者にもそれぞれ業者ごとに特徴がありますので、
しっかりと自分に合った業者を使うのはもちろんのこと、
信用のおける業者を使うべきです。

中には対応がクソみたいに悪かったり、
下手をするとお金を持ち逃げされてしまうこともあるようなので、
この辺はしっかりと見極めたいところですね。

まあそんなところはまずありませんが。

 

③日本に発送、そして販売

ここは特に説明するまでもありませんね。

商品が日本に到着したら、早速販売を開始します。
そして商品が売れたら利益となるわけです。

 

 

せどりなどの国内転売との違いは?

 

転売が稼げるのなら、せどりなどの国内転売はどうなのか?
わざわざ海外から仕入れるよりも、そっちのほうが簡単なんじゃないか?
と、あなたはお思いになるかもしれません。

 

確かに、国内転売でも稼げることは稼げると思います。

 

ただ、僕がやっている中国輸入と、
国内転売の両者のメリット・デメリットを照らし合わせたとき、
圧倒的に中国輸入のほうが勝っているのです。

それについてはこちらの記事で説明しているので、ご覧ください。

 

 

結局はリサーチがすべて

 

結局輸入転売は、①で行うリサーチの能力によって
稼げるか稼げないかが決まってしまいます。

リサーチが出来なければ儲かる商品を扱えないので
100%稼ぐことはできません。

輸入転売はリサーチがすべてです。

 

しかし逆に言えば、このリサーチさえできれば、
もう輸入転売で食っていくことができてしまうというわけです。
他の作業は小学生でも出来るレベルのことしかないので、
いかにこのリサーチの段階で他と差を付けるか、
というところにかかっています。

 

ネットビジネスにはアフィリエイト、FX、株、情報販売など、
さまざまなビジネスモデルがありますが、
この輸入転売に関しては本当に単純明快、
初心者でも初月から数万円の利益を出すことはザラにあり、
非常に稼ぎやすいビジネスモデルとなっています。

 

僕の経験上から言うと、一番稼げるビジネスモデルですね。

そもそも物販というものは、アフィリエイトなどと違って、
お客さんは「商品自体」に価値を感じてお金を払うわけなので、
どこの誰が販売していようがお客さんからしたら関係ありませんから。

あなたもAmazonで商品を購入するとき、
「これ売ってる人はどんな人かな?女の人かな?」
とかっていちいち考えないですよね?笑

 

それと真逆でアフィリエイトや情報販売などは、
紹介している人や情報販売者「自身」に価値を感じてもらえないと
お客さんは信用してそれを購入することはありませんよね。

でも物販は違う。

だから初心者でも稼げるというわけです。

是非あなたにもチャレンジしてほしいと心から思います。

 

コメントを残す